読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kuchitama Tech Note

はてな記法がいつまでたっても覚えられないので、はてなダイアリーからマークダウンが使えるこっちに引っ越してきました。

Ubuntuの更新でVirtualBoxと無線LANが死んだ…

先日、Ubuntuのソフトウェアアップデートを行ったら、無線LANVirtualBoxが動かなくなりました。 かなり、ハマりにハマってなかなか治らなかったんですが、3日費やしてようやくちゃんと動くようになったので、備忘録的にまとめておきます。

問題が発生したマシンは DELL XPS13 で、ubuntuのバージョンは 15.10 と 16.04 です。

VirtualBoxは 5.0 と 5.1 で問題を確認しましたが、4系でも同様のはずです。

原因

直接の原因は、アップデートでlinux-kernel がバージョンアップして 4.4.0-31-generic になったためです。

このバージョンのカーネルUEFIのセキュアブートが、どうやら相性悪いようです。

このバージョンのカーネルを使っている状態で、セキュアブートが有効になっていると、 module が有効化できないという問題が発生していました。

そのため、 wlvboxdrv が有効化できませんでした。

対応

有効化するには、ubuntuを再起動して、起動時に boot menuを開きます。

SecureBootの項目があるので、そこで disable してやればOK

これで無線LANは認識されるはずです。もし、無線LANが認識されないようであれば、 sudo modprobe wl すればいいはず

VirtualBoxについては、多分セキュアブートを無効にしてからVirtualBoxをインストールすれば問題ないはずです

本当は、下記の情報を参考に MOKを登録してやれば、 vboxdrv を認識できるようになるはずなのですが、私の環境でうまく動作しませんでした

askubuntu.com

SecureBootとMOK(Machine Owner Keys)は下記がわかりやすいです。

技術者見習いの独り言: SecureBootとLinuxorumin.blogspot.jp

以上、ざっくりしたメモ書きでした

参考資料

www.lifeboat.jp

qiita.com

新しいLinuxの教科書

新しいLinuxの教科書